リンク

全国友の会
婦人之友社
自由学園

江別友の会

|住所|

江別市大麻元町164-16

【MAP】

|TEL・FAX|

011-386-7913

2018年

7月

15日

7月「子育てママの集まり」をしました

 7月9日(月)は前回のテーマの2回め、”ひき肉料理の繰り回し”の勉強でした。

 

 豚ひき肉を使いタネを作り、”和風ハンバーグおろしかけ”、”即席しゅうまい”、”ロールキャベツ”の3点を今回は作りました。

 

 

 いつものハンバーグは玉葱を入れますが、今回は長葱、生姜などを入れて作ります。まとめて作っておくと色々なアレンジができ便利です。

 

 即席しゅうまいは皮で包まなくても、片栗粉をまぶすだけでもしゅうまいぽい感じになりおいしいです。

 

 

 付け合せは”キャベツとりんごのコールスロー”と”ブロッコリーのおかか和え”でした。

 キャベツの切り方も学び、ひと手間かけておくことで食事準備の時短になり勉強になりました。

 

 早速、家で作った人は、家族がもりもり食べてくれたと喜んでいました。

2018年

7月

15日

5月、「子育てママの集まり」しました

 5月7日(月)、友の家で集まりをしました。

 

 ”家庭教育編”より「自身を持って導く事」を読書し、お互いの子育てについて、迷っていることなど出し合い、子育ての先輩の方がたからのアドバイスを受けながら話し合いの時間を持ちました。

 

 生活勉強は、「一歩手前の準備で時短ご飯」というテーマで5月は”鶏肉”を使っての展開料理を勉強しました。

 

 ”チキンソテー”を少し多く作っておけば、冷凍もできるのでサラダ、サンドイッチの具、お弁当にも重宝します。

 

 今日は、トマト、アボガド、芋、ゆで卵、ブロッコリーなどを使い”ごちそうサラダ”を作り、”海水漬け”も教えてもらいました。パンの差し入れもありおいしくいただきました。

2018年

4月

02日

「春休みの子どもの集まり」をしました

3月29日(木) 10:00~13:00

  ”桜もちを作ろう”

 

今日はみんなで桜もちを作って、お抹茶と一緒にいただきます。

 

                   参加者 幼児 9名、小学生 10名、大人 9名

  始めは、自己紹介しました。

  桜もちの由来をわかりやすく教えてもらい、桜もちの作り方を聞きました。

桜もち作りを始めます。

鍋帽子を使って、道明寺粉を柔らかくしている間に、桜の葉を水ですすいだり、あんを丸めたりしました。

絵本も読んでもらったり、入園、入学、進級する子ども達に4月からの目標を発表してもらいました。

いよいよ、仕上げです。鍋帽子の中のお鍋はまだ熱く、お母さん達に手伝ってもらって、桜もちを作りました。

     昼食は、お手伝いの会員が用意して、いただきました。

昼食後は、2階で用意してくれたお茶席に自分たちで作った桜もちと会員が用意してくれたお抹茶をいただきました。

2018年

1月

28日

味噌作り

1/26(金)、1/27((土)、

毎年恒例の味噌作りをしました。

 

今年は農家会員の”西懸農園””の

大豆、”とよみずき”を使用しました。

大豆をふっくらとなるまで煮ます。

 

 

大豆が煮えたら、ミンサーでつぶします。

 

機械を使うと簡単!!

 

 

 

 

 

ボール状にまるめて空気を抜きながら容器に詰めていきます。

蓋をして、家の中の一番涼しい

ところに保存しておきます。

 

1年経ったら、出来上がりです。

 

地元の美味しい大豆と丁寧に作られた麹を使った手作り味噌のお味は最高!!

 

友の会の仲間と協力して楽しい作業ができました。

2018年

1月

13日

冬休みこどもの集まり(お豆腐作り)

1/11(木)冬休みのこどもの

集まりをしました。

今回は、江別の「西懸農園」で作られた大豆(  とよみずき    )を使いました。

 

始めにお豆腐作りの絵本を読んで

作り方を教えてもらいました。

 

 

 

 

 

水で戻した大豆をミキサーにかけている所です。

 

 

 

 

ミキサーにかけた大豆を布巾でこします。

水を加えてかき混ぜながら静かに煮ます。ふきんで濾すと”豆乳”ができます。

ふきんに残ったものが”おから”です。

 

 

濾した豆乳ににがりを入れて固め

るとお豆腐ができます。

 

豆腐ができるまで、畑で大豆の生産についてのお話を聞きました

 

 

 

お昼は,おからの蒸しパン、

おからサラダ、豆乳ゼリー、ジュリアンスープでおいしくいただきました。

 

お母さんと一緒に楽しく勉強できました。


2017年

12月

25日

わかば最寄のクリスマス料理

 12月21日(木)にクリスマス料理の実習をしました。

 

今日のメニューは

 パエリアとチキンライスとローストチキンとシーザーサラダです

 

左の写真はパエリアです

 

 

 

  チキンライス                    ローストチキン

 

 

シーザーサラダ

2017年

12月

21日

クリスマス会

 12月14日(木)、寧楽共働学舎代表の毛利健三様、順子様ご夫妻をお招きして、静かなひとときをもちました。

 

 障害を持っている方々と共に働き、生活をされている様子をお聞きし「クリスマスはメンバーも含め、自分も神様の子と思わせられる日」という言葉が胸に残ります。

 昼食はパン、豚肉とトマトのスープ、長芋とかぼちゃのグラタン、白菜のサラダ、みかん。

 午後のお茶の時間はレモンケーキとコーヒー、紅茶でした。

 

 今回のパンは7人の会員がマイレシピで西懸農園の全粒粉を使って焼きました。また手作りの和菓子「きみしぐれ」もありおいしくいただきました。

2017年

12月

21日

収穫祭をしました

 11月30日(木)、愛土係の発案で「収穫祭」をしました。

 

 小麦農家の西懸さんが”愛土係”を受けてくれ、春から毎月発信があり、皆自分の家庭菜園作りに参考にしながら、野菜作りに励んで秋を迎えました。

 

 西懸農園の1年をスライドで見てから、皆の野菜作りについての感想を聞き合いました。

 

 

 

 それぞれが作ったトマトを持ち寄り、ソースを作り、ピザを焼き皆で会食です。

 

 西懸農園産の人参ジュース、お汁粉もありました。来年も土に親しみ、収穫の喜びを味わいましょう!

2017年

6月

18日

創立40周年記念例会(5月例会)をしました

 1977年、札幌友の会より独立して江別友の会が誕生しました。今回は「江別友の会創立40周年の歩み」として、歴史を振り返る記念の例会となりました。

 初代と二代目総リーダーは本州に転居されましたが、独立当初からの会員6名に話をしてもらいました。設立前は札幌友の会までJRとバスを乗り継ぎ、時間と交通費をかけて出席したことや独立の喜び、友の家ができるまでは、会員の家を借りて生産をしたり、共同購入の品物を置かせてもらったりしたこと。1981年の総リーダーは、8月に石狩川と千歳川が氾濫した時は近隣の友の会の協力を得て、浸水した老人ホームの清掃のお手伝いをしたことや9月には念願の友の家を購入できたことなど様々な事に感謝の気持ちでいっぱいになったと話していました。たくさん思い出を語ってくれました。江別友の会を育てていこうという先輩会員の方々の熱い気持ちが伝わってきました。

 出席した会員からも話してもらいました。

 

昼食は友情ネットの方が作ってくれました。

 

赤飯

煮物

ヒレカツ

鮭の塩麹漬け焼き

菊花かぶ

青菜和え

酢昆布

桜ゼリー

新漬け

おいしく食事をしながら、記念例会をお祝いしました。

 

これからも会員相互に助け合いながら良きつながりを大切にしていきたいと願っています。

2017年

6月

13日

春の子どもの集まりをしました

「手打ちうどんを作ろう」をしました

 

3月30日(10:00~13:00)

友の家にて

 

参加者 子ども 20名(1歳半~11歳)

      お母さん  10名

 

最初に自己紹介をしました。

うどん作りを始めました。

強力粉、薄力粉、塩、水を混ぜて、こねてから足で踏みました。300回踏むことを約束してみんなで数えながら一生懸命踏みました。コシの強いうどんが出来ました。うどんを綿棒でのし、屏風たたみにして粉を振って慎重に包丁で細く切りました。中には、きしめん風もありましたが頑張って切りました。

昼食は、かき揚げ、小松菜、ゆで卵、鶏肉、かまぼこを入れたうどんとコールスローと苺入りミルクゼリーを食べました。おかわりをする子どもが何人もいました。参加していた中学生は「中学校で作ったうどんより美味しい」と感想を述べてくれました。参加されたお母様からは「市販のうどんよりしっかり食べごたえがありますね」と言われ、子ども達が300回踏んでくれたおかげだと思いました。

その後、「小麦粉のお話」を聞きました。

4月から小学校に入学する子供たちが8名いたので、小学生の子ども達から、「朝ごはんをはしっかり食べないと3時間目からおなかがすく。」「恰好を付けない(後からできなくて困るから)」「前の日に持ち物を用意する」などのアドバイスをもらいました。また、幼稚園に行く子供には「幼稚園は楽しいところだよ」とエールをもらいました。子ども達との話し合いはとても楽しいひと時でした。